【単体考察】7世代最強 ミミッキュの調整と対策

どうもこんにちは。講師のじゅん・~・です。いぇいいぇいw

というわけで今回は7世代最強ポケモンミミッキュについて考察していく。

 

-ミミッキュのデータ

タイプ:ゴースト、フェアリー
特性:化けの皮
種族値:55-90-80-50-105-96(計476)

PGLより(4月30日現在)

-技
じゃれつく 91.9%
かげうち 83.8%
シャドークロー 76.9%
つるぎのまい 73.5%
のろい 19.9%
トリックルーム 15.8%
ちょうはつ 9.2%
鬼火 8.4%
みがわり 6.9%
いたみわけ 5.7%

-特性
化けの皮 100.0%

-性格
いじっぱり 76.5%
ようき 18.9%
しんちょう 1.7%
ゆうかん 1.4%
etc…

-持ち物
フェアリーZ 41.0%
ゴーストZ 34.1%
気合の襷 13.6%
命の珠 5.3%
1/2回復期の実 約2.2%

特性化けの皮による行動保証を盾にストッパー、積みによる崩し、起点作りなど柔軟にこなせるオールマイティーなポケモン。

 

−強さランク(10点満点)

10.0点

上に述べたように、なんでもできる上、何をさせても強い。

 

−ミミッキュのSライン

~100族  など
~98族  など
~97族 など
☆96族
~95族など
~91族など

 

-ミミッキュのダメージ計算

A特化の場合

☆じゃれつく
無振りガブリアス75.4%‐89.6%
無振りカプ・コケ コ52.4%-62.1%
H4メガギャラドス71.3%-85.4%
H4 メガボーマンダ63.5%‐75.3%

☆シャドークロー
無振りカプ・テテフ 91%-107.6%
H4ミミッキュ 96.2%-114.5%
実数値H203B124テッカグヤ25.1%-29.6%
H252B4 ギルガルド44.3%-53.9%

 

☆PGL上位30より対面有利不利表(持ち物なしとした場合)

−有利対面

-不利対面

 

−ミミッキュの調整案

現環境はアタッカー型が多い。のろい型もちらほら。

 

☆アタッカー型(崩しメイン)

対面:☆☆☆☆☆ サイクル:☆ 崩し:☆☆☆☆☆

性格:いじっぱりor陽気
持ち物:霊Z 妖Z
努力値:H4 A252 S252
主な技:つるぎのまい シャドークロー じゃれつく かげうち
選択技:みちづれ 鬼火 のろいなど

現在レート環境において最も多い型であるだろう。Zにより対応範囲がかなり広いため、初手の繰り出し性能がとても高い。Zは、範囲を取るのであれば霊Z、火力やガルーラ、ボーマンダを重く見るのであれば妖Zを選択するとよい。崩しとしての性能であれば鋼に打点の取れる霊Zが優秀であると感じる。性格についてはミラーを意識するなら陽気にするべきであろうか。

この型による有利不利対面表(持ち物により多少の左右あり)

-有利対面

サイクルに不向きなため有利な相手といえど基本的に受け出しは不能。

-不利対面

広範囲に対応できる。またつるぎのまいにより受け出しを許さない。

 

☆アタッカー型(ストッパーメイン)

対面:☆☆☆☆☆ サイクル:☆ 崩し:☆☆☆☆

性格:いじっぱりor陽気
持ち物:きあいのタスキ
努力値H4 A252 S252
主な技:つるぎのまい シャドークロー じゃれつく かげうち
選択技:みちづれ 鬼火 など

きあいのタスキによる2回の行動保証により積みアタッカーや高速低耐久アタッカーへのストッパー、積みによる突破などなんでもこなせる。Zを持たせるよりストッパー性能が増し、崩し性能が少し落ちたと思っていただければよい。

この型による有利不利対面表(持ち物により多少の左右あり)

-有利対面

-不利対面

ギャラやマンダに対するストッパー性能と引き換えに崩し性能が低まり受けられやすい。
☆起点作り型

対面:☆☆ サイクル:☆ 崩し:☆☆☆☆

性格:陽気or勇敢 など
持ち物:霊Z、妖Z、広角レンズ など
努力値:AS特化、HA特化

主な技:鬼火 電磁波 トリックルーム じゃれつく シャドクロ かげうち のろい など
化けの皮を盾に確実な起点作成を行う。持ち物は好みにわかれるが鬼火電磁波を外すのを嫌うのであれば広角レンズであろうか。それでも外すときは外すのでその時はDSを破壊すれば良い。

この型による有利不利対面表(持ち物により左右あり)

-有利対面

鬼火、電磁波でパワーダウンするポケモンすべて

-不利対面(起点作りがほぼ不能)


☆のろいZ型

対面:☆☆☆ サイクル:☆ 崩し:☆☆☆☆

性格:いじっぱりor陽気
持ち物:霊Z
努力値:H4 A252 S252 など
主な技:のろい シャドクロ じゃれつく かげうち など
選択技:みがわり など

つるぎのまいでなくのろいにより崩しを行う型。状況に応じて無限暗夜(シャドクロZ)をするのかのろいZをするのか選択できるのがこの型の強みである。

この型による有利不利対面表(持ち物により多少の左右あり)

-有利対面

-不利対面


☆のろいみがわりいたみわけ型

対面:☆☆☆ サイクル:☆ 崩し:☆☆☆☆☆

性格:陽気
持ち物:妖Z など
努力値:H4 A252 S252 など
技:じゃれつく のろい みがわり いたみわけ

上記ののろいZ型に比べ、より嵌め性能が高い。S2後半に上位帯で流行った。
この型による有利不利対面表(持ち物により多少の左右あり)

-有利対面

-不利対面

 

−ミミッキュの対策

・ハッサム

いわずもがな。

・かたやぶりによる化けの皮貫通

・ノーマルタイプ

霊技無効に加え、ガルは猫がありカエンジシはミミッキュの技を半減以下に抑えられる。

・高耐久

呪い型は考慮しない場合による。

 

-まとめ

構築によるが、使うのであれば無難にZ型、対策するのであれば汎用性も考えてポリ2やギャラドスを勧める。無論ポリ2はイカサマ前提である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です